祝!六神合体ゴッドマーズ40周年

    祝!六神合体ゴッドマーズ40周年!!!!



    1981年10月2日は、「六神合体ゴッドマーズ」のテレビ放送開始日。
    今日でついに
    40周年です!
    おめでとうございます!


    HAPPY BIRTHDAY!

    タケル&マーグ、お誕生日おめでとう!!
    今年は弟を地球名で呼んでみました(ものすごくどうでもいい)

    何もないとわかっていても、6月16日は、毎年なぜかソワソワしてしまいます。
    タケルの18歳のバースデーパーティーに、バラの騎士も参加すればよかったのにと思う今日この頃。(完全に仮装パーティーである)


    さて、後半は「GMと私」第2弾をお送りします。

    《GMと私 第2弾》


    【2016年】
    • 劇場版上映会

    • ドリパスのリクエストにより、劇場版の上映会開催が決定。
      オフ会(前回の記事参照)の参加者Gから、上映会への誘いのメールが届く。
      上映会当日、Gとオフ会メンバー数名と合流。
      上映会終了後、Gがメンバー同士のメールでの交流を提案。

      数日後、私のスマホに、Gからの一斉送信メールが届く。
      件名は「GMだより」。
      内容は、当時放送中の某深夜アニメの感想のみ。GMのGの字も見当たらない。
      ところが、私以外のメンバー全員は当然のように「〇〇さんカッコよすぎ!」「主人公と××君の関係がタケルとマーグにそっくり!」と深夜アニメの話題で大盛り上がり。
      (Twitter退会後、GMファンと一切交流していなかった私は、そのアニメの存在すら知らなかった)
      その日から、全く興味のないアニメの萌え語りメールが一斉送信され、私のスマホに大量に届くようになる。
      そういうのはグループLINEでやってくれ
      (※当時、Gはガラケー民だった)

      次に届いた「GMだより」には、Gが発行したGMの同人誌の写真が添付されていた。
      (やっとGMの話ができる…)と思いながら、写真に写っていた、Gが描いたイラストについての感想をメール。
      Gからの返信は、
      「あの本、一緒に参加する予定だった友人がGMに飽きたから、全部私一人で描く羽目になったんですよ」。
      萌え語りからは程遠い内容だった。

      後日、Gから
      マーグの声を聞いたら、長らく止まっていた生理が来ました!(笑)」という「GMだより」が届いたため、光の速さでメールを削除。

      結局「GMだより」を通じて、GMファンとGMの話をすることはできなかった。


    「GMと私」は以上です。
    2017年以降の出来事は、このブログに書いてあるため割愛します。

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    アニソン・アカデミー

    久々のGM関連ニュースです。

    5日(土)の「アニソン・アカデミー」(NHK-FMの音楽番組)に、若草恵さんがゲスト出演されました!
    GMの楽曲からは、「宇宙の王者!ゴッドマーズ」「銀河に一人」が取り上げられました。
    “あの”「ポゥン」の正体は、シンセドラムの音だということが明らかに!
    「銀河に一人」は、マーズの背負った宿命をストリングスで表現したかったとのこと。あの壮大なイントロを聞いただけで、一気にGMの世界へ引き込まれますよね。

    他にも、若草さんの幼少期のお話、作曲に興味を持たれたきっかけなど、貴重なお話が盛りだくさんでした。
    ご自身が作曲された曲のように、穏やかで優しい若草さんのお声が、心に沁みました。

    GMソングがラジオから流れて、思わず大興奮してしまった管理人でした。

    兄さん兄さんああ兄さん

    記事のタイトルは、当時の薄い本から拝借しました(すみません)。

    2月12日は、タケルを恋人のように抱きしめて、冷えた心をあたためてあげるマーグを妄想して、心の平穏を保つ日です(長い)。

    さて、今年はいよいよGM40周年
    私がGMファンになって、ちょうど10年になります。
    というわけで、今回は「GMと私」(大仰なタイトル)と題し、この10年をざっくり振り返ります。

    《GMと私》


    【2011年】
    • ・突然GMに目覚める。

    • 開設したばかりのファンサイト(※6年前に閉鎖)を発見。
      さっそく、管理人Aにサイトの感想を送る(リアルタイム世代ではないが、最近GMファンになったことを自己紹介として記載)。
      後日サイトが更新され、
      ◇私への返信: 「友達いないでしょ
      ◇別の人への返信:「ファンに古参も新参も関係ありませんよ!またマーズとマーグのお話しましょうね♥」
      が並んで公開される。



      【2013年】

      • ・GMファンのオフ会に参加

      • 参加者Bが、GMの二次創作小説を執筆していることを知る。
        これまでに書いた小説をメールで送ると言うので、お願いする。
        何通かやりとりが続いたある日、Bから、「出産予定日を〇日過ぎましたが、まだ息子は生まれません(笑)」というメールが届く。そのメールには、1x8xxBL小説(タケルが複数の男性から性111されるという内容)が添付されていた。

        オフ会終了後、参加者Cに頼まれ、私物の本を貸す。
        数週間後、Cからメール。「“(本のタイトル)”は私さんの本でしたっけ?」。Cは私以外とも本の貸し借りをしていたが、誰からどの本を借りたかわからなくなったらしい。
        Cがオフ会中に、菓子を食べながら(手を拭かずに)、参加者の私物の本を読み漁っていたことを思い出し、不安になる。
        数日後、Cから私が貸した本と、それに押しつぶされて粉々になった「う11ぎパ1イ」1個が入ったレターパックが届く(本は無事)。


      • ・スラップスティックコンサート

      • 会場で、上記のオフ会参加者2名(D、E)に声をかけられ、合流することに。
        終演後、私が『星屑の伝説』の生歌の余韻に浸っていると、
        D「三ツ矢さんの声、(当時と)違ったよね」
        E「なんか高かったよね」
        『星屑の伝説』の生歌を聞けた感動をGMファンと共有することはできなかった。

      • ・MXテレビにて再放送開始

      • 自分と同年代のGMファンを探すため、Twitterを始める。
        再放送の感想をツイートした直後、相互フォロワーF(平成生まれ)が「ゴッドマーズって絵も古臭いし、水島裕と三ツ矢雄二っていうキャスティングもあざといから、全然見る気にならない」とツイート
        光の速さでFをブロック。
        翌年、Twitterを退会。


      「GMと私」第1弾はここまで。
      長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

      第2弾は、6月公開予定です。
      ご期待ください!(蟹江さんボイスで)